リンク

  1. HOME
  2. 協議会について
  3. 総括班 研究支援実施計画(令和3年度)

総括班 研究支援実施計画(令和3年度)

概要

  1. 総括班会議を年1〜2回開催し、以下の事案について討議します。
    1. これまでに外部評価委員会等で抽出された課題を解決するための施策の検討
    2. 各プラットフォーム・各支援機関との調整
    3. コーディネータを通じての支援実態の把握及び助言、各地域性を考慮した支援に関する課題解決
    4. 市民公開シンポジウム等の広報・利用者拡大の方策検討
    5. ワンストップサービスによるユーザーの利便性の確保
    6. 機関をまたがる支援の方法の検討、制度整備
    7. 支援の持続性・発展性の確保(将来検討部会 年1〜2回)
  2. 各プラットフォームとの連携構築活動を年2回程度行います。
  3. コーディネータによる各地域間連携、各地域における他機関及び他プラットフォームとの連携、それらを通じた支援数の拡大及び利用者拡大に取り組みます。
  4. 説明会・成果シンポジウムを年1回開催することをはじめとして、支援内容と支援の成果に関する周知活動を行います。
    1. 科研費による研究全体の実質化に貢献するべく、最先端研究のみならず多様なニーズへの「支援」も推進できるよう、昨年度協議会ホームページに開設した支援内容紹介サイト、およびYouTubeに開設した協議会チャンネルをさらに充実させ、より多くの研究者へアプローチを図ります。また、アンケート等を通じた要望の聞き取りを継続します。
    2. 成果シンポジウムを開催し、これまでの取組の成果を確認するとともに、研究者コミュニティーに対して幅広く本支援の有効性を周知する。ウェビナーでの開催を通して今後の生命科学研究における支援活動の新たな貢献方法を検討します。
    3. 市民を対象としたシンポジウムやセミナーを開催し、国民に支えられ国民に資する研究及び研究支援についての理解醸成を継続します。(技術講習会および支援講習会は、各プラットフォームで実施することとして、計画から除外しています。)

総括班 構成員

  氏名・所属 所属プラットフォーム
研究支援代表者
研究支援業務実施責任者
井上 純一郎
東京大学・医科学研究所
先端モデル動物支援P・
研究支援代表者
研究支援分担者 小原 雄治
国立遺伝学研究所・先端ゲノミクス推進センター
先進ゲノム解析研究推進P・
研究支援代表者・研究支援業務実施責任者
研究支援分担者 狩野 方伸
生理学研究所・研究連携センター
先端バイオイメージング支援P・
研究支援代表者
研究支援分担者 村上 善則
東京大学・医科学研究所
コホート・生体試料支援P・
研究支援代表者・研究支援業務実施責任者
研究支援分担者 山梨 裕司
東京大学・医科学研究所・所長
先端モデル動物支援P・
研究支援業務実施責任者
研究支援分担者 鍋倉 淳一
生理学研究所・所長
先端バイオイメージング支援P・
研究支援業務実施責任者
研究支援分担者 阿形 清和
基礎生物学研究所・所長
先端バイオイメージング支援P・
研究支援業務実施責任者
研究支援分担者 中村 卓郎
がん研究会・がん研究所
先端モデル動物支援P・
研究支援分担者
研究支援分担者 高田 昌彦
京都大学・霊長類研究所
先端モデル動物支援P・
研究支援分担者
研究支援協力者 黒川 顕
国立遺伝学研究所・情報研究系
先進ゲノム解析研究推進P・
研究支援分担者
研究支援協力者 菅野 純夫
東京医科歯科大学・難治疾患研究所
先進ゲノム解析研究推進P・
研究支援協力者
研究支援分担者 上野 直人
基礎生物学研究所・形態形成研究部門
先端バイオイメージング支援P・
研究支援分担者
研究支援分担者 若井 建志
名古屋大学・大学院医学系研究科
コホート・生体試料支援P・
研究支援分担者
研究支援分担者 村山 繁雄
大阪大学・大学院連合小児発達学研究科
コホート・生体試料支援P・
研究支援分担者
研究支援協力者 加藤 和人
大阪大学・大学院医学系研究科
先進ゲノム解析研究推進P・
研究支援分担者

このページの先頭へ