イベント情報

  1. HOME
  2. イベント情報
  3. 文部科学省 新学術領域研究 2020年度市民公開シンポジウム

イベント情報

生命科学連携推進協議会 社会との接点活動班
文部科学省 新学術領域研究 2020年度市民公開シンポジウム
がんと向き合う医学のいま
– 研究・医療・社会のコラボレーション –

会期 2020年11月7日(土) 13:00- 17:00
開催形式 オンラインシンポジウム
●オンライン会議ツール「Zoom」を使用します。
●パソコン・タブレット・スマートフォンで全国どこからでもご参加いただけます。
●参加登録をいただいたメールアドレスに、「Zoom」の使い方を含む当日の参加方法の詳細をお送りします。
ポスター https://www2.med.osaka-u.ac.jp/eth/site/wp-content/uploads/2020/10/leaflet_20201107rev_symposium_compressed.pdf
定員 500名 (事前申込制)
参加費 無料
URL https://www2.med.osaka-u.ac.jp/eth/seminar/20201107/
主催 文部科学省新学術領域研究 学術研究支援基盤形成
生命科学連携推進協議会
共催 文部科学省新学術領域研究 学術研究支援基盤形成
「先端モデル動物支援プラットフォーム」、
「コホート・生体試料支援プラットフォーム」
後援 大阪大学共創機構社学共創部門
問合せ 大阪大学大学院医学系研究科 医の倫理と公共政策学
email: symposium@eth.med.osaka-u.ac.jp

当日の様子

今年度は新型コロナウイルスの影響でオンライン開催となりましたが、高校生をはじめ幅広い年齢層の方々、250名に及ぶみなさまにご参加いただきましたこと、心より感謝申し上げます。

本シンポジウムは、「がんと向き合う医学のいま――研究・医療・社会のコラボレーション――」というテーマの下、市民の方々とともに、基礎研究、医療、社会の連関についてあらためて考える、ということを目標に開催いたしました。具体的には、遺伝情報を用いた疫学研究やマウスの動物研究、あるいはがんゲノム医療に関する講演にくわえて、遺伝性がんの当事者団体の方にもご登壇いただいたほか、看護の観点からの指定発言も賜りました。

講演の後に行われたパネルディスカッションでは、がん研究の現状や未来、当事者団体の取り組みなど、多方面からさまざまな質問が登壇者に寄せられ、さらに理解を深めるきっかけとなりました。

この度の催しが、社会全体で行われているがんへの取り組みの一端を見つめる機会となっていれば幸いです。今後ともこのような活動を継続して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

このページの先頭へ